抗ウイルス薬 パキロビッドの配分について(その3)