お薬の飲み方について



お薬の飲み方について

食前、食後、食直後、食間、寝る前、お薬の飲み方には色々ありますが、 飲み方に戸惑ったことはありませんか?
「食後って、ご飯を食べてからどれ位のこと?」「寝る前って言われても、 毎日寝る時間が違うし・・・」などの質問をよく耳にします。

今回は、お薬を飲む時間となぜ色々な飲み方があるのかを簡単にお知らせいたします。
まずは食前です。食前のお薬はお食事をする三十分位前に飲んでください。
食直前のお薬はお食事のすぐ前「いただきます」の直前に飲んでください。

次に食後です。多くのお薬が食後に飲むようになっていますが、 食後のお薬はお食事が終わってから三十分以内に飲んでください。
きっちり三十分待ってから飲むという方もいらっしゃいますが、そうする必要はありません。
十分後や二十分後でも構いません。食直後のお薬はお食事が終わったあと「ごちそうさま」の直後に飲んでください。

次は食間です。ちょっとわかりにくいですかね?食間とはお食事とお食事の間のことで、 だいたい食後二時間位経った頃に飲んでください。決して食事をしながらお薬を飲むということではありません。
そして寝る前です。十時に寝る日や十二時に寝る日があってもいいのです。寝る前に飲んでください。

ではなぜ、お薬には色々な飲み方があるのでしょうか?
例えば、糖尿病のお薬はたいてい食直前か食直後に飲みます。これは食後に血糖値が上がらないようにするためです。
また、解熱鎮痛剤は胃に負担をかけやすいお薬ですので、食後に飲むか、頓服(定期的でなく必要に応じて使う薬)として飲む場合は空腹時を避けて飲んだ方が良いのです。

このように、お薬には色々な飲み方がありますが、お薬の作用や特徴によって飲み方が違いますので、お薬の効果を充分に出し、副作用を防ぐためにも、お薬は指示されたとおりに飲むようにしましょう。


文責 福生市薬剤師会














西多摩薬剤師会



東京都西多摩地区


東京都

Tel:0428-21-4499


(C)2004 Nishitama Yakuzaishikai