ジェネリック医薬品



ジェネリック医薬品

最近テレビのCMや新聞広告で目にする『ジェネリック医薬品』ですが、意外とご存じない方も多いようですので、おさらいしてみようと思います。

医療機関で処方されるお薬の中には、同じ成分で同じ効き目ですが、値段の違うお薬があり、高いお薬を「新薬(先発品)」安いお薬のグループを『ジェネリック医薬品』(後発医薬品)といいます。

「新薬」は日本で最初に発売されるお薬で、研究・開発に莫大なコストと年月がかかるため、薬価(医薬品の公定価格)が高く設定されます。
『ジェネリック医薬品』は新薬の特許期間満了後(新薬の発売後20〜25年)につくられるものです。したがって「医療用医薬品」のなかには『ジェネリック医薬品』のない「新薬」だけのものと、「新薬」と『ジェネリック医薬品』の両方があるものとがあります。
『ジェネリック医薬品』は新薬に比べて大幅な開発コスト削減と開発期間の短縮が可能なため、新薬と同じ成分・同じ効き目でありながら、その薬価は平均すると新薬の約半額に設定されています。

現在お薬を飲んでいる方で医療費を少なくしたいと思う方は、まず薬剤師に相談してください。今飲んでいる薬が『ジェネリック医薬品』に替えられるかどうか、およそいくらくらいになるか教えてくれます。

『ジェネリック医薬品』に替えたいと思う方は、かかりつけの医師に相談してください。
処方せんの備考欄の右上の「後発医薬品への変更可」の欄に、医師が署名をしてくれますので、その処方せんを調剤薬局へ出してください。

飲んでいる薬が発売されて間もない「新薬」だけのときには『ジェネリック医薬品』に替えることはできませんので、医師に相談して『ジェネリック医薬品』があるお薬を処方してもらうことになります。

『ジェネリック医薬品』を利用することで医療費の負担を減らし、賢い消費者として健康生活を送れるように願っています。

文責 福生市薬剤師会 町田薬剤師














西多摩薬剤師会



東京都西多摩地区


東京都

Tel:0428-21-4499


(C)2004 Nishitama Yakuzaishikai